思わずニッコリな買取価格!ファッション売るなら【古着買取王国】

2014年11月26日

エルメス 香水

エルメスの香水、中国人や韓国人がこぞって買い漁るのか。 自国では景気が良いんだね。 かつて日本が他国で買い漁ってた様に… いいタイミングですし参考情報を少し引用しますね。

押し寄せる遊客(ヨウカー)、韓国の中国人観光客特需は続く http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00018560-hankyoreh-kr

韓国旅行、富裕層から大衆層に拡大団体観光から‘個別観光’が増える傾向10代は韓流、20〜30代はショッピングを選好50〜60代は風光明媚な済州島を訪れ旅行客の多様化によりショッピング品目も変化ブランド一色から中低価格衣類などが頭角現わす「以前は紅参など韓国‘食品’を買っていったけど口に合わないという人もいたので、お土産には全て韓国の‘化粧品’を買っています。 」 今月14日、ソウル中区(チュング)のある免税店で会った中国人ヤンスェさん(30)は「今回が3回目の韓国訪問だが、最初は観光目的で来て、2回目からはショッピングに来た」と、こう話した。 近所のデパートに立ち寄ったヤンビンさん(30)は「暇を作って友達から頼まれた韓国の化粧品を買うために立ち寄った」と話した。 免税店とデパートには同行した中国人女性たちが化粧品を買う間、優に10個は超えるショッピングバッグの番をしている中国人男性の姿があちこちで見られた。 中国人観光客‘ヨウカー’(遊客:中国人観光客)と言えば韓国人に‘ショッピング’と‘化粧品’という単語を先ず連想させる。 韓国観光公社が訪韓中国人を対象に調査したショッピング上位10品目では、2008年から2013年まで香水・化粧品は一度も1位の座を明け渡したことがない。  ヨウカー特需が今年も続いている。 観光目的で韓国を訪れた中国人は、2010年の101万人から昨年は314万人に増えたが、今年は8月までにすでに316万人が韓国を訪れた。 昨年対比で50%増えるこのような傾向を続けば、今年末までに469万人が訪問すると予想される。 数が大幅に増えて、ヨウカーの動きにも新しい姿が現れている。  14日、ソウル中区のロッテ百貨店で会った20代の中国人男性はヤングプラザの‘ラインフレンズ’(オンライン メッセンジャー‘ライン’のキャラクター商品を売る所)売場をじっくり見て、ライン キャラクターステッカー数枚とキャラクターが描かれたノート数種類を手に取った。 さらにデザイン商品を取り扱う‘1300K’売場に移動して、1個1万2000ウォン(1ウォンは約0.1円)のフランス製石鹸を2個、韓国のデザイン小物メーカーが作った名刺入れ2個を買った。  新世界百貨店関係者は「以前の中国人の顧客層は富裕層顧客が中心だったが、この頃は大衆顧客にまで拡大した」と話した。 韓国観光公社ソ・ヨンチュン中国チーム長は「以前は北京・上海など韓国から近い地域を中心に中国人が団体観光で来た。 今はこれらの地域からは個人観光に傾向が変わり、新たに西部内陸地域からの団体観光客が流入している」と説明した。 以前は韓国に近い大都市からの‘団体観光客’が主に入ってきたが、今は韓流に惹かれた10代、済州島の秀麗な風景に惹かれた50〜60代、主にショッピングのために来る20〜30代が、多様な地域から団体・個人観光で韓国を訪れているということだ。  実際、中国人入国者の年齢分布を見ると、20歳以下の入国者比率が2010年の6.1%から今年(1〜8月)は11.0%に大幅に増えた点が目につく。 ロッテ百貨店本店で中国語通訳を担当するある職員は「韓流関連の問い合わせが多い。 俳優キム・スヒョンが出ているチラシを持って、このブランドがどこにあるかと具体的に尋ねる観光客もいれば、韓流スターたちのモニター画面が並んでいる‘スターアベニュー’の位置の問い合わせも多い」と話した。 60歳以上の入国者比率も4年前の6.1%から今年(1〜8月)には8.4%に増え、ヨウカーの構成が多様化していることを示している。  ショッピング形態にも変化が見える。 流通各社の今年の中国人観光客対象販売実績を調べると、国外の有名ブランド商品、化粧品、女性スーツ中心から、中低価格の化粧品、ファッション衣類商品群などへ幅が広がった。 ロッテ百貨店の銀連カード(中国のクレジットカード ブランド)による購買件数には、2012年まではグッチ・シャネル・プラダ・MCMなどの国外有名ブランドが10位圏内に必ず2〜3個は含まれていた。 だが、今年(1〜8月)はMCMだけが2位の座を守った。 代わって昨年2位に急浮上した韓国産の中低価格カジュアル衣料ブランド‘スタイルナンダ(STYLENANDA)’が購買件数1位に上がり、中低価格化粧品ブランド‘トゥークール フォースクール(Too cool for school) ’が3位に上がった。 韓流の影響でSMエンターテインメント所属のアイドル関連商品を販売する‘エスエムタウン’が6位になって昨年より二段階上昇し、キャラクター用品売場の‘ラインフレンズ’は今年10位圏(7位)に新しく進入して頭角を現わした。 購買商品群が広がり、このデパートの中国人観光客1人当りの売上は2012年の100万ウォンから2013年90万ウォン、2014年には65万ウォンに減った。  韓国観光文化研究院が今年1分期に中国人観光客約300人を対象にアンケート調査した内容では、韓国訪問中に買った比率の高い品目1位は、今回も昨年1分期と同じく香水・化粧品だった。 だが、香水・化粧品を買ったという回答者は82.5%から75.4%に低下した。 目につくのは宝石・アクセサリーで、昨年12.2%(5位)から今年は5.3%(10位)に下落した。 反面、食料品を買ったという回答者は41.6%から47.7%に増え、酒類を買ったという回答者も6.2%で、新たに10位圏内に進入した。  ヨウカーの構成が多様化し中国人旅行客1人当りの支出額は減る兆しがある。 韓国観光文化研究院の調査では中国人旅行客1人当りの支出額は昨年1分期に1885.5ドルだったが今年は1738.4ドルに減った。 もちろん、ソウル江南(カンナム)圏を訪問する個人観光客の費用は更に大きい。 現代百貨店狎鴎亭(アックジョン)店・貿易センター店の銀連カード基準の1人当り購買単価は2010年の96万ウォンから2012年に122万ウォン、2014年(1〜9月)には126万ウォンまで上がった。 相変らずエルメス・カルチェなどの外国有名ブランドが売上10位圏の大部分を占めている。 だが、ここでも‘食品売場’が今年の売上順位8位に上がった。 このような流れに合わせて、ロッテ免税店は「自動車以外は何でも売ります」と今年から免税店におむつ・粉ミルクなどの乳児用品も入れ、韓国の中小ファッション ブランドを維持するなど商品群を多様化している。  中国国内の大型免税店が進出している上に、アリババなど中国のオンライン通販業者が韓国ブランド物品を買い入れ‘内需’で消化しようとする動きが加速化している。 イ・ホンギュン ロッテ免税店社長は「それでもヨウカー特需が3年程度は続くだろう」と見通した。 キム・ヒョジン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

エルメス 香水 ナイルの庭 100ml ¥4,300 残り22時間52分 入札24 http://bit.ly/11oRlMc  エルメス 香水 ナイルの庭 100ml商品説明ランクA※購入・開封時期は不明です。 表記内容量100ml残量未使用付属品注意事項※あくまでも、一度…



posted by エルメス好き at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エルメス 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エルメス」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。